忍者ブログ
きれいな映像…音絵箱/秋吉台国定公園のふもと、自然豊か(当然いなか)な環境で、音楽と映像の制作を中心に、ベータ・8ミリ・VHSをCD・DVDにダビング・メディア変換・画像(映像)修理・修復等をしています。お仕事の中での編集長の思いつき、気ままな、わがまま、独り善がりのブログです。
[390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過日、地元N●K制作の「GOTAISETSU」というドラマにエキストラ出演した。
それが昨夜放送された。

僕の出るはずのシーンは、主演の松田美由紀さんの顔のアップで、僕たちエキストラはフレームからすっかり外れていた。

撮影場面は山口線篠目駅で子供との別れで泣きながら母親役の松田美由紀さんが乗り込むシーン、僕たちはその列車の中の乗客役。

テイク1では乗降扉のすぐ真向かいのシートに僕は座っていた。
ロング映像だと、僕は間違いなくフレームに入っているはずだ。

しかしON-AIRでは、先程のようにアップフレームで僕たちは切られてしまったのだ。
エキストラはそんなもんで、放映される確率は非常に低い。

テイク2ではとんでもないことが起こった。

山口線はローカル線で、通勤通学以外はほとんど乗客はいない。
だからエキストラが必要だったのだろう。
しかし、予想もしない事が起きてしまう。
途中の駅から山口市内の幼稚園児が遠足帰りで大勢乗り込んできた。
この幼稚園は市内でも大きな方で、車内は見る間に満席。
しかもざわついている。
このままじゃロケにならない。
担当スタッフの方が急遽僕たちに松田美由紀さんの席を確保するように、また、園児たちが近づかないようにガードする役に変更された。

テイク1では、松田美由紀さんが乗り込むキッカケ、キュー出しがなかったとディレクターに苦言を呈していた。
多分、そこのところはテイク2で多分取り直しになったと思っているのだが、とんでもないハプニングで、ロングは使えなかったのだろうと僕は推測している。

今回は残念だったが、次回またエキストラ募集があれば応募しようと思っている。

ロケが終って控え室に戻ると、そこへ松田美由紀さんが記念写真でも撮りましょうと僕たちのところへ寄って来られた。
撮影の様子を見ていて、とても怖い感じ(さすが役者魂、オーラが出ていて近づくことさえできる様子ではなかった)がしていたのだが、実はとても気さくな人柄でした。
僕も、携帯のカメラ機能でツーショットを撮らせてもらった。

昨夜みたドラマの感想は、カメラワークが伊丹十三作品によく似ていると思った。
肩乗せで寄りの絵で撮っていた。

僕も昨日のブライダルはほとんど肩乗せで寄りの絵で撮影した。
これが僕の撮影スタイルだ!
博多ケントスのライヴも卒業式でも迷惑のならない範囲でぎりぎりまでレンズを近づける。
もちろんワイドコンバージョンレンズを取り付けての撮影だ!!

良い映像は足で稼げ!!!
これは僕の師匠の言葉の受け売りだが、実践していることには間違いない。


つい先程電話があり、来年早々またブライダルのお仕事が入ってきた。

来年のことを言うと鬼が笑うのだが・・・。

笑う門には福来る。
良い年を迎えたいものだ。
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/10 MR.T]
[01/11 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[01/05 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[12/29 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[12/28 きょn]
プロフィール
HN:
A-bout
性別:
男性
職業:
ビジュアルクリエイター
趣味:
釣り・エレキギター・ビールのつまみ作り
自己紹介:
踊るカメラマン。LIVE収録が得意です。特技は一人3カメです。営業はまったく苦手、編集機と向き合っている時が一番落ち着きます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ポイント広告
アクセス解析
Template by MY HEALING ☆彡
忍者ブログ [PR]