忍者ブログ
きれいな映像…音絵箱/秋吉台国定公園のふもと、自然豊か(当然いなか)な環境で、音楽と映像の制作を中心に、ベータ・8ミリ・VHSをCD・DVDにダビング・メディア変換・画像(映像)修理・修復等をしています。お仕事の中での編集長の思いつき、気ままな、わがまま、独り善がりのブログです。
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、とある学園祭でスクリーンを見た生徒が、気分を悪くして病院に搬送されたと言うニュース報道があった。少し前はサブリミナル効果で幼い子供が失神する事故があったが、今回は撮影したビデオ映像が手ブレがひどく、それが大スクリーンに投影されたものだからかなりの生徒が船酔い症状になったとのこと。
僕も三脚を使わずに撮影することは多々ある。
特にLIVE収録はプレイヤーとの真剣勝負なので、肩乗せドーリーショットになる。(結構迫力のある映像が撮れる)
しかし、ゆらゆらと揺れてしまうとやはり見た人は気分が悪くなるはずだ。大きな体で、そこはしっかりと吸収している。ホームビデオムービーではやはり手ブレがひどくプロでも上手く使いこなすのは至難の業だ。手ブレ補正機能があるのだが、ズームアップをすると補正機能が邪魔をして、かえって手ブレがひどくなる場合がある。

そこでヒントです。
ズームはなるべく使わず、出来るだけ足を使って近づいて撮影すれば安定したグッドショットになります。
先ほど僕が肩乗せで突っ込み撮影すると言ったのは、LIVE感と手ブレの処理を兼ねた都合の良い撮影方法です。足を使うことで普段の運動不足をこれで解消しているわけです。
メリットが沢山ありますよネ。

それにしても締まらない体形です。
LIVEでは見てる人には邪魔な存在でしょうが、プロの意識で撮影しています。

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 MR.T]
[01/11 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[01/05 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[12/29 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[12/28 きょn]
プロフィール
HN:
A-bout
性別:
男性
職業:
ビジュアルクリエイター
趣味:
釣り・エレキギター・ビールのつまみ作り
自己紹介:
踊るカメラマン。LIVE収録が得意です。特技は一人3カメです。営業はまったく苦手、編集機と向き合っている時が一番落ち着きます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ポイント広告
アクセス解析
Template by MY HEALING ☆彡
忍者ブログ [PR]