忍者ブログ
きれいな映像…音絵箱/秋吉台国定公園のふもと、自然豊か(当然いなか)な環境で、音楽と映像の制作を中心に、ベータ・8ミリ・VHSをCD・DVDにダビング・メディア変換・画像(映像)修理・修復等をしています。お仕事の中での編集長の思いつき、気ままな、わがまま、独り善がりのブログです。
[613] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605] [604] [603]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーカイヴ制作。
ちょっと聴きなれない言葉だ。
古い写真と映像をミックスして、この春閉校となる小学校の思い出ビデオの制作を始め、8ミリフィルの中にいる祖父の映像編集、フォトムービーなど編集制作業務が徐々に増えてきた。

要するに映像資産として後世に残すことを目的としたアーカイヴ制作なのだ。

これからを見据えればDVDもしくはBD(ブルーレイディスク)でアーカイヴするのがベターなのだが、配布となるとDVDに落ち着く。
BDはまだまだコストが高く、それに機器の普及率もまだそれほど高くない。
いづれミューチップが普及すれば、名刺でハイビジョンが見れる時代もそう遠くはない。

今のところは普及率の高いDVDが安全パイになる。

先日はDVD映像の編集があった。
編集と言っても映像が見れない2枚組みのDVDをどうにか見れるようにしてほしい。
また、編集が可能であれば1枚にしてほしいと言うものだった。
再生できない理由は、このご時勢ノーブランドのDVD-Rを使って書き込んでいたため、再生プレーヤーとの相性が悪かっただけで、僕のDVDでは再生可能だった。
しかし、ノンリニア編集機のDVDドライブではいづれも再生できなかった。

DVD-Rメディアは安心できる国産を選ぶべきだ。
以前も述べたが、音絵箱ではV社(T誘電社製)を定番としている。
長期保存ができないものはアーカイヴではありません!

・・・。

と言ううことで、
今年はアーカイヴ制作に注力しよう。

PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TrackBack URL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/10 MR.T]
[01/11 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[01/05 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[12/29 Muのカラーコーディネートこぼれ話]
[12/28 きょn]
プロフィール
HN:
A-bout
性別:
男性
職業:
ビジュアルクリエイター
趣味:
釣り・エレキギター・ビールのつまみ作り
自己紹介:
踊るカメラマン。LIVE収録が得意です。特技は一人3カメです。営業はまったく苦手、編集機と向き合っている時が一番落ち着きます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ポイント広告
アクセス解析
Template by MY HEALING ☆彡
忍者ブログ [PR]